CLOSE

教育カリキュラム改革

COC事業では、「軸足は地域に、視點は世界に」をモットーとし、地域と世界を結び、北海道経済の活性化を擔うインターリージョナルな人材の育成を目指しています。地域志向科目の必修化や、新たな副専攻の設置など、教育改革に取り組んでいます。


地域志向科目の必修化

  • 1年次必修科目群「知(地)の基礎」の新設(平成27年4月)
  • 新規科目「地域學」の新設(平成27年4月)

インターリージョナルな人材育成のための新たな副専攻の設置

「グローカルマネジメント副専攻プログラム」の新設(平成27年10月)

小樽商大メソッドについて


Column 商大探舎 Vol.30

阿部謹也の講義ノート

1964年8月に赴任した阿部謹也の初年度の「歴史學」の講義ノートを見よう。阿部は「歴史學とは何か」という問いを発するにあたり、社會科學、人文科學について説明を始める。ついで、大學において學ぶ歴史學と高校で教えられる歴史の違いについて、「歴史學は経験科學として學ばなければならない」こと、および高校のように世界史?日本史という區別はせず、「歴史學は全體として學ぶ」ことを指摘した。

阿部謹也「歴史學」講義ノート (『阿部謹也 最初の授業?最後の授業』)

資料
請求
草蜢社区在线观看免费下载