CLOSE
  • HOME
  • 卒業生の方へ

卒業生の方へ

卒業生の方に必要な各種手続き、研究生情報のページをまとめました。

大學案內

學生生活?就職

社會連攜

科目等履修、研究生に関すること

小樽商科大學科目等履修生

晝間コース又は夜間主コース開講科目の中から一部を履修し、試験に合格したときは単位を取得することができます。
その後、本學又は他大學に正規生として入學した場合には、當該大學で修得した単位として認定される場合があります。
なお、科目等履修生となるためには所定の期間に選考を経る必要があります。
詳しくは科目等履修生?研究生を參照ください。

小樽商科大學研究生

本學教員のもとで指導を受けながら、自己の関心事と計畫に従い、本學の教育研究環境及び設備等を利用しつつ研究することができます。
ただし、研究成果が単位として認定されることはありません。
なお、研究生となるためには所定の期間に選考を経る必要があります。
詳しくは科目等履修生?研究生を參照ください。

公開講座

主として社會人を対象に、夜間主コースの通常授業を公開講座として開放します。
単位は取得できませんが、レポートや試験は課されませんので、気軽に受講することができます。

OBSリカレントプログラム

本學アントレプレナーシップ専攻の修了者を対象に、在學中に學習した知識?スキルのリカレント、あるいは、在學中に履修できなかった科目の學習機會を提供するものです。

Column 商大探舎 Vol.31

小林多喜二碑完成予想図

「緑丘」は意識的に小林多喜二関連の記事をしばしば掲載している。1964年9月號には「多喜二碑 今秋著工」の記事が載る。1963年12月、伊藤整や加茂儀一學長らを呼びかけ人に、浜林正夫を事務局長とする文學碑建設期成會が結成され、全國に呼びかけられた。商大のクラスからも募金が集まった。予定よりやや遅れて、1965年10月9日、建立された碑の除幕式が行われた。それを報じる「緑丘」第350號には、「多喜二の碑は旭展望臺から小樽市民の活動と商大生の動向を厳しい目でみつめている」とある。

「多喜二碑 今秋著工」(『緑丘』34,1964.9.15)

資料
請求
草蜢社区在线观看免费下载