CLOSE

本學學生の海外渡航

海外渡航時の手続き

海外渡航する場合,不測の事態を想定して海外旅行傷害保険の加入及び海外渡航中の連絡先等の提出等を指導しています。海外に渡航することが決まったら,出発前に「出発屆」およびその添付書類を國際交流室へ提出してください。

出発屆様式 (出発屆記入例)

休學により海外渡航する場合

本學の留學制度を利用しない私費留學などで、休學の上海外に渡航する予定の場合は、同時に休學手続きを行う必要があります。まず、教務課で休學手続きについての説明を受けた上で、國際交流室に「出発屆」およびその添付書類を提出してください。

休業期間中や學期中に海外渡航する場合

個人的理由により、休業期間中や學期中に海外渡航する場合でも、直接、國際交流室に「出発屆」およびその添付書類を提出してください。

本學のプログラム(交換留學や語學研修等)で海外渡航する場合

交換留學や語學研修、海外研修プログラムなど、本學のプログラムに參加して海外渡航する場合は、出発前に手続きについて説明するオリエンテーションを行います。必ず參加し、大學の指示に従って、手続きを行ってください。

小樽商科大學から海外への留學


お問い合わせ先

國際交流室

TEL:0134-27-5262/5263 FAX:0134-27-05264

Mail:inljimu*office.otaru-uc.ac.jp

※メールを送信する際は、上記アドレスの*を@に変更してください。


Column 商大探舎 Vol.22

勤労動員 その2

1938(昭和13)年以降に実施されていた集団勤労動員は、戦局の深刻化とともに、新たな段階に達する。1943年、政府の決定した「學徒戦時動員態勢確立要綱」にもとづき、小樽高商は北大、帯広高等獣醫などとともに學校報國隊北海道地方部を編成した。小樽高商では全校生を3班に分け、八雲、千歳、女満別の飛行場建設に動員した。

勤労動員(巖原秀夫「勤労と兵役の中の緑丘生活」『小樽商大緑丘會報』 2,196.6.30)

資料
請求
草蜢社区在线观看免费下载