CLOSE

佐野力海外留學奨勵金

本奨勵金は、本學OBである佐野力氏(元日本オラクル會長)による、本學のグローカル教育の推進を目的としたご寄附をもとに、學生の海外派遣に必要な経費の一部を支給するものです。


対象

本學の事情科目のうち、語學研修を行う4つのプログラム(オタゴ大學(ニュージーランド)、マラヤ大學(マレーシア)、ウーロンゴン大學(オーストラリア)、カルガリー大學(カナダ)。すべて1?2年次対象)のいずれかに參加し、かつ、原則として、學業成績が優秀で一定の語學の基準を満たしていることを條件としています。ただし、1年次生には學業および語學の條件は付しません。

また、本奨勵金の支援を受けることができるのは、在學中一度限りです。


給付人數

年間60名


給付內容

本奨勵金受給者は、次に掲げる參加基本経費について、「自己負擔金5萬円」を本學へ支払うことで、その殘額が奨勵金から支出され、支払いを免除されます。

  1. 派遣先大學等の授業料
  2. 渡航費
  3. 滯在費

※參加基本経費は派遣先によって異なりますが、?おおむね30~50萬円程度です。


奨勵金授與式

本奨勵金受給者は、本學で行う「奨勵金授與式」に出席しなければなりません。


留學報告會

本奨勵金受給者は、留學報告會において成果報告をしなければなりません。


奨學金の返還

本奨勵金は、給付型となっていますので、返還する必要はありません。ただし、渡航を取りやめるなどの事由が発生した場合は、この限りではありません。



お問い合わせ先

學生支援課國際交流室

TEL:0134-5263/5262 FAX:0134-27-5264

Mail:inljimu*office.otaru-uc.ac.jp

※メールを送信する際は、上記アドレスの*を@に変更してください。


Column 商大探舎 Vol.10

校歌の誕生

小樽高商では、寮歌や応援歌はあっても長らく校歌が作られなかった。1931年の創立20周年を前にして、校歌選定の機運が高まり、記念事業の一つとして校歌の歌詞を募集することになった。數點の応募があったが、適當な歌詞を選択できず、結局専門家である時雨音羽氏に作詞を依頼、作曲も杉山長谷夫(東洋音楽學校教授)に決定し、1932年1月、現在も歌いつがれている校歌が誕生した。7月には小樽高商のボーカル部員が上京し、コロムビア?レコードで校歌と行進曲の吹き込みを行った。

レコート?広告(『緑丘』81,1934.8.3)

資料
請求
草蜢社区在线观看免费下载