CLOSE

ブログ「商大くんが行く!」

小樽商大の最新情報を日々発信!

2021.09.07

その他

商大の草花-春夏総集編(第三弾!)

今日は商大の草花(春夏総集編)の最終回!

今回も言語センター高橋先生のステキな寫真と文章をお屆けするよ。

第1弾第2弾を見ていない人はぜひ見てね!

——————————————————————————–

春爛漫の4月から、初夏へ。

新緑のエメラルドグリーンが日毎に鮮やかになる季節も、商大くんとお散歩日和でした!

 

?さっそくフキの下に潛り込みポーズをとる商大くん。

アイヌの言い伝えにある、フキの下の住人コロポックルになったつもりで…。
ところで、フキは英語ではButterburというんだって。意外な単語(butter)を含んだ単語、知ってたかな?

?

正門を入ると、鮮やかなホットピンクが花開き、グリーンを見事なコントラストをつくるのはツツジです。

?

南國のブーゲンビリアやハイビスカスにもまけない鮮やかさ。そんなツツジの英語名は、Azaleaです。

?

4號館の端、小さいけれど今年も見事に咲きました、藤の花です!英語ではWisteriaですよね。
洗練された上品なイメージの名前に聞こえませんか?

?

甘い香りに誘われて、薄紫の藤棚の下にはいると、先客がいました。

熊蜂(bumblebee)です。ふわふわのまん丸です。

?

 

7月。正門からキャンパス中央へのゆるやかな坂道の両脇、
5月のツツジにとって代わって咲き並ぶのはラヴェンダーです。
英語のスペルは?

そう、Lavenderですよね。夏の暑さが増すこの時期に満開を迎えるラヴェンダーは確かに乾燥に強い

そして爽やかなアロマを屆けてくれるので、商大くんもご機嫌です。

ここでも、またミツバチを追いかけてますが寫真のなかの、どこにいるか見つけたかな?

 

今日はここまで。後期にはいって、一日も早くみなさんと一緒に安心して教室で學べる日がくることを願ってます!

——————————————————————————–

高橋先生、三回に渡り、ありがとうございました!

今回は事務棟一階の會計課にいる商大くんを連れて、お散歩してもらいました。

商大くんに外出許可を出してくれた會計課の皆さん、ありがとうございました。

アーカイブ

カテゴリ

月別

資料
請求
草蜢社区在线观看免费下载